おいしいパンと食べたいレバーペーストの作り方*オーブンで低温調理にチャレンジ*と、ルヴァンカンパーニュ

レバーペーストの作り方 パン・おかし作りの記録
レバーペーストの作り方

なんだか身体がだるい、疲れやすい…パンを焼く気がおきない…

それは鉄分不足かもしれません!!(サプリメントのCM風にお願いします)

女性に多い貧血

妊娠中の方、スポーツをしている方はとくに多くの鉄分を必要としています。

鉄分といえばレバー!!レバーといえば鉄分!!

というくらいレバーに鉄分が豊富なことは周知の事実。みなさん知ってるよね!

そんなレバーをおいしく食べるには、「レバーペースト」が一番!だと思っています。

くせのあるレバーは好き嫌いの好みがわかれると思うのですが、ハードパンが好きな人なら、レバーペーストも好きになるはず。

なんといっても、レバーペーストにはおいしいパンが必須!なのですo(`・ω´・+o) 

レバーペーストの作り方には、レバーを加熱したあとペーストにする方法と、生のままペーストにしたあと加熱する方法があります。

美味しくできるのは断然後者

滑らかに、そして絶妙な温度で仕上げることが最大のコツです。

できるだけ低温で加熱することがとても大事!!d(・∀・○)

低温で加熱したレバーって、ほんとーにおいしいんだから(๑´ლ`๑)♡

食肉の加熱条件

そんな火入れが鍵となるレバーですが、

食中毒にならないよう、温度管理がとても重要です。

厚生労働省のHPには、食肉の加熱条件についてこのような安全基準があります。

 「75℃、1 分」と同等な加熱殺菌の条件として、「70℃、3 分」、「69℃、4 分」、「68℃、5 分」、「67℃、8 分」、「66℃、11 分」、「65℃、15 分」が妥当と考えられます。

厚生労働省HP:https://www.mhlw.go.jp/content/11130500/000365043.pdf

63 度で30〜40分という情報も見つかるのですが、信じるべきは厚生労働省(・ω・´)ゝテ゛シッ!!

この中で1番低温なのは…65度ですね。

目指すところは65度15分(σ`・ω・´)σ

オーブンで作るレバーペーストの作り方

用意するもの

材料
12cmの容器2つ分
  • 鶏レバー … 250g(小1パック)
  • 玉ねぎ … 1/4個
  • 卵 … 1個
  • 塩 … 小さじ1/2
  • 牛乳 … 50㏄
  • にんにく…お好みで

割引シールのついていない、新鮮な鶏レバーを用意します。

スーパーの小さいパックのもの1つで十分です(´・ω・`)b

だって安くなってたんだもん…

たまねぎはこのくらい。1/4個ほどです。

お好みでにんにくのすりおろしを入れます。

フープロでまとめて粉砕してオイルにつけておくと、すぐに使えて便利ですよ(о´∀`о)

その他には、牛乳

生クリームを入れると、とっても濃厚で美味ですが、牛乳だけでも十分おいしくできますよ。

50ccだけ使うのも嫌ですよね!

それから1番大事なのが「塩」これは絶対に入れ忘れないでくださいね!

ちなみに、本格的なお店ででてくる「白レバー」。あれ、なんなのかなーと思っていたのですが、「鶏のフォアグラ」が入っているらしいですよ。どうりでおいしいワケダ。脂肪が入ってるんだもん。プラス生クリーム入れたらおいしいに決まってる!!ずるいよね!!(何が)

今回は、お財布にも身体にも贅沢な材料は一切なし、だけど美味しくできるんだよっ

Σ(σ`・ω・´)σ …というレシピとなっています!!

作り方

1.買ってきた鶏レバーに白いコリコリした部位がついていたら(ハツです)、取り除きます。筋も取り除きましょう。あんまり大きいようなら切っておきます。

2.水につけます。10分ほどでOK!

レバーの下処理について検索すると、みなさん口をそろえて「牛乳につける」っていうけど、わたしはズボラなのでつけたことありません。でも全然臭くないですよ。敏感な方は牛乳につけることをお試しください。

ここで、血のかたまりは取り除いておきます。これは重要な作業だと思いますが、「わざと血を残しておいてレバーっぽさを前面に押し出す」レシピもみたことがあります。お好みでどうぞ。

3.水をよく切って、残りのすべての材料とともにフードプロセッサーに入れます。

4.スイッチON!レバーが滑らかになるまで撹拌します。

5.オーブン対応の容器に入れましょう。浅めのもののほうが早く火が入ります。

ここでレーズンを入れるのもおすすめ!甘味がでておいしい。(撹拌しません)

12センチの浅めの容器で2つ分できました(・∀・)/

6.湯をはった天板に乗せて、アルミホイルをかぶせます。

120度に予熱したオーブンで30~40分焼きます。

※様子をみて、途中でお湯を足しましょう。

温度計でしっかり中心部の温度チェックをします。

こんなもんかな〜と思って測ってみると、69度Σ(゚д゚lll) いきすぎた〜残念!

スイッチを切ったオーブンで4分ほどに放置してから取り出しました。

65まで温度が上がったら、100度に下げて5分、予熱10分くらいが目標でしたが、行きすぎました〜

この調整がとても難しいですね!

とにかく最低65まで温度を上げて、これを15分以上保つようにすると良いです。

さて、赤い汁がでていますが大丈夫!!

これは、低温調理によってレバーのタンパク質が流れ出たものです。

レバーペーストと食べたいパン

さて、レバーといえばバゲットかなぁ〜と思いますが、この日はカンパーニュを焼いていました。

ルヴァンリキッド+りんご酵母液種、微量のイーストでオーバーナイト。

前回作ったレシピがとってもおいしかったんですよね。

今回も同じレシピでクープは「井」の字にしてみました〜

はい、できた。

近くから見ると…

歪!!(゚д゚lll)//

いっつも変なところが伸びるんですよね〜前回もこうだったな…。

成形で生地の絞め方が均一ではないか、クープの深さがバラバラか‥

これを作っていて思ったのですが、パン作りに限らず、ものごとにおいて「均一にする」っていうことが苦手です。

力の入れ具合は、本を読んだり、教えてもらってできるもんじゃないですよね。

ちなみに、大根を均一に切るのも苦手です( T_T)

ワインを空けて晩御飯

パンとレバーペーストが出来上がったら、おいしいワインを開けましょう(^o^)/

ワインの消費が激しい我が家では、品揃えのよい近所のスーパーの特売日にまとめ買いをしますd(。・∀・。)

そんなに高くないけど、おいしいワインをみつけるとうれしいです。

低温調理のレバーはとっても滑らか。

このように中が赤いくらいが大成功!

フォアグラも生クリームも使わなくたって十分おいしいです。お財布のためにも、身体のためにも、余計な脂質は摂らなくてヨシ◎

温度による出来上がりの違い

じつは2週間ほど前にも作っていて

火を入れすぎてボツにした写真がこれ。

中が赤いくらいくらいが美味しいのですが、このように中まで茶色くなってしまうと残念。

このときは75度くらいまで温度があがっていました。

まぁでも、これもおいしいんですよ。この日はバゲットを焼いてたんだった。

おいしいパンができたら、パンにあう料理を作ってみてください。

きっと、もっとパンが好きになるはずd( ´∀` *)ネッ!

そうそう、鉄分の話に戻ります。

今回は12cm型で2つ分できましたが、これを半量で1日必要量の鉄分が摂取できますよ(約10g)

レバーを食べて鉄分を補給、明日も元気においしいパンを焼きましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧


▽フードプロセッサーはこれを使っています★

*
*

**読んでいただきありがとうございました(*^^*)/**

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
パン・おかし作りの記録 レシピ 料理
スポンサーリンク
スポンサーリンク

\\instagramでブログの更新をお知らせしています//

\\pinchanをフォローする//
管理人
pinchan

パンとお菓子を焼くのが好きなヨガインストラクターです。
毎日パンを焼きながら、ピンチャマユラーサナを練習しています。

\\pinchanをフォローする//
楽天ROOMにおすすめの商品を紹介しています
pinchanの楽天ルームです
楽天ROOMものぞいてみてくださいね
pinchanの楽天ルームです
まいにちパンときどきヨガ

コメント

タイトルとURLをコピーしました