エリステビアで作るギルトフリークッキー!!そして思い出の「かーさんケット」作りを楽しむ日

ギルトフリークッキー&カーさんケット お菓子
ギルトフリークッキー&カーさんケット

クッキーのストックがなくなると、どんなクッキー作ろうかナと、手持ちの本や、ネットのレシピを漁るのですが、いまいち食べたいのがないねーこの材料もたりねーなんてことで

結局適当にレシピ開発!ってこと、あるあるですよね(ない?)

今日は、ぱくぱく食べられるギルトフリー系と、こどものおやつ用の懐かしい系の2つで迷いに迷い、結局どっちも作ってしまうの巻です。

作りたいものにはこだわりがあるのに、面倒くさがりなわたしは、

フープロがーーっと回して、ボウルもフープロもゴムベラさえも、洗わずに2種類作っちゃおうって作戦です。

まずは、かーさんケット(なーさんケット)を作ります

instagramでみつけた、なにやら大人気なロールケーキ屋さんをやっていらっしゃるという@naorollさんのレシピを拝借いたしました。

instagramで見つけたときは天才かと思いました。わたしの大好きなこれ、再現してくれたんです!!

実は、これを作るの今回2回目です。

1度目(インスタのどこかにあるはず)はたしか自粛期間中の暇を持て余し、作った記憶。

そのときに、

わたし
わたし

本家よりうまいではないか!

と感動してレシピをメモしていたのである!


さて、このかーさんケット、思い出すのは「ばあちゃんの戸棚

キッチンに近いリビングの戸棚には、「ばあちゃん専用のスペース」があり、薬や、補聴器などに紛れて必ずこのかーさんケットがストックされていました。

たしか小学生くらいのとき、朝早く起きたときや、学校から帰ると、この戸棚をこっそりと(時には堂々と)開けて、かーさんケットを取り出し、録画していたドラえもんなどのビデオ(!)を見ながら食べたものです。

ばあちゃんもわたしも「ビスケット」と呼んでいたので、「かーさんビスケット」だと思っていたけど、「かーさんケット」だったのね。(コロナ禍に気づく)

大人になると、お菓子売り場には「マリービスケット」やイオンやコンビニなど各店舗の「オリジナルビスケット」が並び始め「かーさんケット」は売り場から追いやられ始めましたが、

わたしはチーズケーキの土台用にこの「かーさんケット」探し回りました。

長くなりましたが、これを手作りできる日が来るなんて、ドラえもんに夢中だった過去のわたしに教えてあげたいです!!(タイムマシンに乗って)


「かーさんケット」ならぬ@naorollさんオリジナル「なーさんケット」を作ります!

歴史あるロングセラー商品に敬意を払って名前を変更しているあたりもさすがです。

フープロで手間なし、楽々生地を作り

たのしく模様を描きます。

使用したのはこちらです。

三種の神器
  • ナイフ … ダイヤモンドの形を書く
  • 爪楊枝 … 1番外側の点々を書く(3枚目くらいでめげそうになる)
  • フォーク … 間のつぶつぶ模様を書く (ここは頑張れる)
これです

さて、あっという間に焼きあがりです。

焼いている途中から懐かしい香りがキッチンを蔓延します。

この香りの正体は、「スキムミルク」に違いないです。

すっごいミルク臭! このミルクの香りが懐かしさを引き出しているんだと、

レシピに忠実に、15分間オーブンの前に立っている間に考えました。

じゃーーん

色むらや、模様の雑さと工夫のなさは大目に見てください。

ついでにギルトフリークッキーを作ります

エリステビアってこれです

 ステビア=植物。砂糖の300倍甘いと言われ、カロリーがゼロ。 そのステビアと、エリストールを混合して、上品な甘さに仕上げた商品です。 エリトール100%のものより甘味が強いのが特徴です。商品説明では「砂糖の2倍の甘さ」と謳っています。 実際お菓子作りなどに使ってみると、砂糖の1.2~1.5倍程度かなーーと感じます。砂糖の代替品として、エリトールの甘味はと物足りないけど、エリステビアなら十分満足できます!

楽天はこちらです

以前の記事でも紹介していますので参考にしてください。

わたしは、エリステビアデーツペーストなどを使ったギルトフリーなお菓子が大好きなので、

わたし
わたし

ギルトフリークッキーのレシピを開発して、ここにどーーんとのせたるっ!

と気合十分で作ったのですが

かーさんケットの天才レシピのあとで気が引けるので、レシピを公開するのは、やめておきます。

ギルトフリースイーツいろいろ作っています。

さて、クッキー作りを始めます。

なかしましほさんの「コーヒーくるみボール」レシピをアレンジします。

水分とコーヒーはなしで、粉の一部をアーモンドパウダーに変更・粉寒天をプラス・お砂糖をエリステビア同量に置き換えてみました。

くるくる丸めて
焼きます
ステビアと片栗粉をまぶしてみる

はいできた

2種類のクッキーが出来ました!

#なーさんケット うま!

ミスターイトウのかーさんケットから、安っぽさと軽さを取り除いて、懐かしさと粉の味わいをプラスしたような味です。

一方、ギルトフリークッキーの方は、表面にまぶしたエリステビアの独特の苦みが目立ってしまいました。

かみしめていると、甘味を感じられるようになり、くるみの風味などによっておいしくいただけます。

クッキーがたくさんできると嬉しいです。

ギルトフリーのほうは、食べすぎが気になるけどちょっと甘いものが欲しい夕飯のあとに、なーさんケットは腹ペコのおやつタイムに食べると良いでしょう!

思い入れとこだわりのつまった、それぞれのクッキーおいしくいただきました。

@naorollさん、ありがとうございました~~またお世話になります。

おまけ

かーさんケットの思い出をもうひとつ。

お皿なんか出さずに、ティッシュに乗せて食べる!ってのが昔からお決まりです。

飲み物は麦茶

↓スーパーになかったら楽天で!12個セットです!(そんなにいらないって言わないで)

↓ドラえもん見るならAmazonプライムビデオの時代です

**読んでいただきありがとうございました。ランキングバナーをポチッとお願いします(*^^*)/*******
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

↓お菓子つくりのアイテムや材料なら
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
お菓子 パン・おかし作りの記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク

\\instagramでブログの更新をお知らせしています//

\\pinchanをフォローする//
管理人
pinchan

パンとお菓子を焼くのが好きなヨガインストラクターです。
毎日パンを焼きながら、ピンチャマユラーサナを練習しています。

\\pinchanをフォローする//
楽天ROOMにおすすめの商品を紹介しています
pinchanの楽天ルームです
楽天ROOMものぞいてみてくださいね
pinchanの楽天ルームです
まいにちパンときどきヨガ

コメント

タイトルとURLをコピーしました