頼りになるチャバタ。簡単な作り方

パン

朝ごはん用のパンストックがないけれど、手の込んだものを仕込んでいる暇はない。

捏ねる機械を出すのも嫌。

食パンを買いに行くのも面倒。

 

それにしても暑い(-“-;A …

 

そんなときに頼りになるのがチャバタです!

 

「そうだ、チャバタを作ればいいんだった」

と気づけば、諦めかけていた明日の楽しい朝食の時間を作り出すことが出来ます。

 

このパンの最高なところは、レシピ本をキッチンの隣の部屋の本棚から出してきたり、ネットを開いて検索をする必要がないっていうところ。

 

暑さにより思考力と行動力が低下している中、

「行動」の「はじめの一歩」に手間取ってたらいけません。

待っていても「やる気」はやってこないので 

とりあえず動き出せば、やる気はあとからついてきます。とりあえず動く、その一歩が楽であるほうが良いです。

 

レシピはこうです、頭に入れましょう。今日の行動の一歩のために。

 

粉と同量の水、塩を2%、イーストをちょろり

 

作り方はこうです。

 

捏ねずにちゃちゃっと混ぜるだけ。

20分くらいおきにパンチを2~3回。1.2~1.5倍になったら冷蔵庫か野菜室に入れる。

 

翌日

オーブンを最高温度で予熱する。

冷蔵庫から取り出した生地を三つ折り×2をしたあと、分割。

オーブンシートに並べる。ホイロ室温10分くらい。

焼成15~20分。最高温度、スチームは最初の6~8分。

  

そうして出来たのがこれです。レシピを見ずにつくりました。

 

 

粉の10%を全粒粉に、水の一部をルヴァンとフルーツ酵母液にしています。

スケールにボウルを置いて、水分をどんどん適当に入れていき、最終的に粉と同量になるようにしました。

 

 

少し生地がゆるかったのですが、パンチをしたあと胡桃を入れたらなんとか形になってくれました。

 

発酵倍率は最終的に1.7倍くらいにしたいところです。まあまあそんなもんでした。

 

オーブンに入れる前は元気がなかったので心配でしたが、焼成中にぐんぐん伸びてくれました。

 

 

適当に作った割に、気泡が入ってくれて良かったです。贅沢は言うまい。

 

そうして、5時起床のわたしの手にかかれば、

6時半には写真撮影も済ませ、食卓にはこれ(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

発酵バター(控えめ)+自家製あんこ(甘さ控えめ)

チャバタには餡子&バターが最高です(●’◡’●)♡

 

 

 

キッズには目玉焼き。前日の夜にリクエストされていました。食パン焼くのは大変だから、チャバタでいいよね!

おつとめ品のマンゴーもサービス。これおいしかったなー!(2個400円) 

 

マンゴーがあれば最高の朝ごはんですね~!

(本日の主役)

 

それは冗談として(主役はチャバタです勿論)

  

あっさりしがちなリスドオルですが、全粒粉を10%入れたことで味わい深くなりました。

ルヴァンの風味&胡桃が香り、すごくおいしかったです(●^o^●)

 

そんな頼りになるチャバタでした~!

 

▽過去にもたくさん焼いています!

  

▽使用した粉。頼りになるリスドオル。

 

▽全粒粉はAmazonで購入しています。定期便が安くて便利です。

*
*

**読んでいただきありがとうございました(*^^*)/**

ネクストフーディスト4期生に選ばれました☆

ネクストフーディスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
パン パン・おかし作りの記録 レシピ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

\\instagramでブログの更新をお知らせしています//

\\pinchanをフォローする//
管理人
pinchan

パンとお菓子を焼くのが好きなヨガインストラクターです。
毎日パンを焼きながら、ピンチャマユラーサナを練習しています。

\\pinchanをフォローする//
楽天ROOMにおすすめの商品を紹介しています
pinchanの楽天ルームです
楽天ROOMものぞいてみてくださいね
pinchanの楽天ルームです
まいにちパンときどきYOGA

コメント

タイトルとURLをコピーしました