【完成版】絶対おいしいニューヨークベーグルレシピ(プレーン&全粒粉)

パン
NYベーグルレシピ

ベーグル好きの皆さん、ごきげんよう。

 

今朝はベーグルに何を挟んで食べましたか?

それともフィリング入りのベーグルでしたか?

(ぜひぜひ教えてください!) 

 

 

さて、長らく続いていたNYベーグル研究ですが。

いよいよ最終章!!

(たぶん)

 

 

ビガ種だの中種だの、冷蔵庫で二次発酵だの、いろいろやりましたが、やっぱりシンプルが1番!という結論に達しました。

 

面倒なことをしなくてもとてもおいしいのが出来ます。

 

だから、粉にはぜひこだわって欲しいと思います。

ぜったいにおすすめなのは、春よ恋

 

 

▽今回は、基本的にはこのレシピと一緒。少々修正点はありますが、ほぼ同じです。

 

何が違うっていうと、ベーグルボードの有無でしょうか…。

あれね、なくても良いという結論。(ごめんなさい)

 

なぜなら、ひっくり返すのが面倒だから。

ボードがなくても、ちゃんと詰まったベーグルができるから。

それから、表面の肌荒れのリスクが上がるから。

 

そんなわけですが、試したいという方は、ぜひ試して報告書を提出してください( •̀ ω •́ )yよろしく。

 

また、季節が違えば生地の発酵の様子が変わるので、そのあたりは、温度調整、時間調整が若干必要かなあ、といったところでしょうか。

 

特に最終発酵の目安は、(1回しか発酵させていないから、これをなんと呼ぶべきか…)

生地をお湯に入れたときに、最初少し沈んで、30秒以内に浮かんでくるくらい

 

沈まずにすぐに浮いてしまう場合は発酵のとりすぎ。(発酵の温度を下げるか、時間を短くする)

逆に、いっこうに浮かんでこない場合はたぶんイーストが少ないか古くなっている。

とじ目が開く・浮かぶけど時間がかかる場合は、発酵の温度を上げるか、時間を長くする。

 

これが目安になるかなあ~と思います!

 

それでは、レシピをどうぞ(^^♪

(ほぼ同じだから、前の記事をみてもOK)

 

絶対おいしいニューヨークベーグルの作り方

今回は、前回同様プレーンベーグルのレシピに加えて、全粒粉と胡桃を使ったバージョンもご紹介します。個人的にはこっちほうが好みです(*^^*)♡

 

材料

(かっこ)の中はベーカーズ%です。使用する強力粉の量によって計算してみてください♪

 

プレーン(2個分)
  • 強力粉(春よ恋)…200g(100%)
  • きび砂糖…10g(5%)
  • 塩…3g(1.5%)
  • ドライイースト…1g(0.5%)
  • 水…100g(50%)
  • ケトリング用の砂糖…大さじ2くらい
全粒粉胡桃(2個分)
  • 強力粉(春よ恋)…160g(80%)
  • 全粒粉…40g(20%)
  • きび砂糖…10g(5%)
  • 塩…3g(1.5%)
  • ドライイースト…1g(0.5%)
  • 水…100g(50%)
  • 胡桃…ひと掴み(20~30g程度)
  • ケトリング用の砂糖…大さじ2くらい

大きいのが2個作れる分量なので、4個作りたい場合は2倍量で作ってください!だけど、この分量で4分割はおすすめしません。

 

だってNYベーグルは大きくなくちゃ。

 

作り方

  1. 粉・砂糖・塩・イーストをボウルかポリ袋に入れて混ぜておく。←けっこう大事!
  2. 全ての材料をホームベーカリーで10分捏ねる(捏ね上げ温度26度前後)
  3. 一次発酵をとらずに分割して丸め、ベンチタイム20~30分
  4. ベーグル型に成形。
  5. 室温で発酵。30~45分程度。※冬は暖かいところに置く。オーブンを210度に予熱しておく。
  6. 鍋にケトリング用の砂糖を入れて、お湯を沸かす(1.5ℓくらい)
  7. 沸騰したら火を弱めて成形した生地を入れ1分弱茹でる。
  8. オーブンシートの上に並べる。
  9. 190度で15分前後焼成する。※調整してください

 

※胡桃入りのベーグルは、胡桃以外の材料を入れて7分捏ねたあとに胡桃を入れて2~3分。取り出してなじむまで軽く手で捏ねました。 

 

発酵前後の様子

これが成形直後

 

こちらが発酵後。床暖房の上で40分発酵をとりました。

※時間差ができたのでプレーンのほうは室温(20度)でプラス10分となっています。

 

 

完成版!NYベーグル

出来上がったベーグルです(*^▽^*)大成功です~

 

 

表面はつるつるテカテカ! ケトリングのときに入れた砂糖が表面で焼かれて、とてもいいにおいがするんですよね。ベーグル独特のにおいです♡

 

 

プレーンの分割重量は160g弱。粉量だと100gなので、とっても大きいです。

 

ちなみに、1個あたり400kcalです( •̀ .̫ •́ )✧

おにぎり2個分。これに具材をはさんで1個まるまる全部食べたら、それはもうお腹いっぱいになるわけです。

 

 

みて下さい、この部分。ニューヨークベーグルあるある。となりの子とくっついちゃったYOの跡。

 

こういうの好きな人が多いということをわたしは知っています。

 

高さはまずまずでしょうか。

 

そして、わたしは知っている。ある種の人間にとって、ベーグルの高さが気になるということも。

  

ちょっと今思いついたのですが、となりの子とくっつけあってぎゅうぎゅうにして焼けば上に伸びるのではないでしょうか。

今度やってみようかな★(そのためにはたくさん焼かなくては、ですが)

 

こちらは、全粒粉を20%、胡桃を10%ほど配合したバージョン。

 

ほどほどに全粒粉が入っているやつ、おいしいんですよね。べつに100%全粒粉にこだわらなくても良いと思う。

 

胡桃が入っている分、総重量は重いですが、粉量は同じです。

 

ちなみにこちらは、全粒粉入りということで多少の血糖値上昇は抑えらるとともに、ビタミンやミネラルの摂取ができますが、胡桃が入っている分、少々カロリーは高くなります。

 

まあ、わたし的にNYベーグルはゼロカロリーですけどね!

食事誘発性熱産生は、おいしいものを楽しく食べるほうが高まるそうです。

つまりこんなにおいしくて楽しいんだから太るわけないよね!

(なんの話)

 

 

シンプルなプレーンは、見た目がすきです。そして粉の味わいを楽しめます。

 

 

全粒粉&胡桃は、サンドイッチに最高。しょっぱいのも甘いものいけます。

 

 

しっかり詰まって絹のような断面です。とても成功です。言葉が変ですが、とても成功。

 

 

このへんに成形のあとが垣間見えますね。

 

 

そうそう、成形ですが。プレーンは、平たく伸ばして→棒状→リング型。といういつものやり方。

  

全粒粉は、丸めのあと、平たくしないで棒状に伸ばしてリング型。という違いがあります。

 

どうかな?よくわかりません(;・∀・)

 

 

 

NYベーグルのおいしい食べ方

さてさて、今回も気合を入れて、豆腐クリチを作っておきましたとも。

 

 

そこに残り物のグラノーラを乗せて。(これも手作りです→レシピ

 

 

豆腐クリチ&グラノーラの組み合わせが好きなんです。NYベーグルによく合います。

 

 

半分だけわたし。

 

 

残りをさらに半分にして小食キッズの朝ごはんにしたのだけど。(あまり人気がない)

 

 

それから、これは、別の日のお昼ごはん。テレワーク夫婦で半分こ。(感想はとくになし)

  

卵・きのこペースト・レタス・かぼちゃ・チーズ・マスタード。

 

あまっていたものを色々いれたので、モリモリわんぱくサンドとなりました。

 

やっぱりNYベーグルはサンドが最高です(・∀・)♡

 

あなたなら何を挟みますか?

ぜひぜひ教えてくださいヾ(≧▽≦*)o

 

配合も作り方もとってもシンプルなので、

ベーグル好きの皆さんはもちろん、ベーグル初心者の方も作ってみてくださいね!

 

 

▽おすすめの強力粉はこれです(*^^*)

created by Rinker
BAKING MASTER(ベーキングマスター)
¥1,191 (2022/10/03 10:35:05時点 Amazon調べ-詳細)

*
*

**読んでいただきありがとうございました(*^^*)/**

ネクストフーディスト4期生に選ばれました☆

ネクストフーディスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
パン パン・おかし作りの記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク

\\instagramでブログの更新をお知らせしています//

\\pinchanをフォローする//
管理人
pinchan

パンとお菓子を焼くのが好きなヨガインストラクターです。
毎日パンを焼きながら、ピンチャマユラーサナを練習しています。

\\pinchanをフォローする//
楽天ROOMにおすすめの商品を紹介しています
pinchanの楽天ルームです
楽天ROOMものぞいてみてくださいね
pinchanの楽天ルームです
まいにちパン

コメント

タイトルとURLをコピーしました