石窯ドーム5000で焼くバゲット。予熱時間検証中

パン

石窯ドームをコストコオンラインで購入した話を書きましたが、

ポチっとしてから12日後(!)ようやく届きました~

 

前回の記事に書いた、栗のパンはこのオーブンで焼きました(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

やっぱり庫内が広いと焼きやすいですね~

アルミホイルをかぶせる必要もないし!!

  

 

と、すっかりトースター焼きに慣れてしまっていたので

大・感・動!! 

  

  

とはいえ、まだ温度設定を試行錯誤中なのです(;・∀・)

 

 

さて本日は、記録も兼ねて

 

業界最高350度オーブンのパワーはいかに!!

石窯ドームのほんとのところレビュー ♪(^∇^*)

  

 

というテーマで行きましょう(。・∀・)b

ついでに焼いたパンも見て行ってください♪

 

 

バゲット①予熱350度

まずはやっぱりバゲットを焼いてみなくては!!

 

 

ということで堀田誠さんの老麺を使うレシピで。

 

キタノカオリと南部小麦(中力粉タイプ)を半々。加水は76くらい。

 

 

まずは手始めに「350度で予熱」

 

なんと350度予熱、たった10分!!

嘘でしょう(;・∀・) 

 

ということで、ホイロが間に合うわけもなく、5分ほどオーブンを待たせておいて焼成(それでもホイロ不足!)

  

「350度で予熱」 加熱水蒸気モード250度10分→オーブンモード250度10分。

 

で、これです。

 

普通!!

 

 

もっと焼き色がつくかと思ったけど、そうでもない。

キタノカオリを使ったからかなあ、ということも考えられるけど、

君、350度じゃないよね。

 

ねえ、明らかに350度出ていないよね!!(*✧×✧*)

 

 

まあ、久しぶりのオーブンで焼くバゲットはおいしかったんですが、なんだか嫌な気持ち!

 

 

手巻き寿司なのに、その横にバゲットっていう、変な夕飯を用意することになったというのに!

 

 

石窯ドーム説明書の謎

だけど、なんとなくこうなることは予測していました。

 

というのも説明書には

「350度予熱の温度は300度です」

と書いてあります。

 

あの、意味わからんのですが…。

 

350度、って言ってるのになんで300度なんですか!!!!

(╯°□°)╯︵ ┻━┻ 怒

 

「業界最高350度!!」ってのは誇張広告なのでしょうか。

  

ですから、きっと予熱でスタートしちゃあいかん、ということは予想していました。

 

石窯ドーム3000を使用していたときは、「予熱なし300度」でスタートして「22~24分後」くらいで釜入れするといい感じでした。

 

ですから、350度まで上げるためには「予熱なし350度スタート」で「20分~25分」あたりかなあという予測です。

 

それから、もうひとつ。

 

付属のレシピ本をチェックすると

 

「バゲットコース」の予熱の目安は10分

「ピザコース」の予熱目安は「22分」

 

 

最高温度で焼くと思われるピザの予熱が22分なら、たった10分では最高温度まで上がらないとみた。

きっと、ピザコースに倣って22分くらい予熱するといいのかなあと思います。

 

どうでしょう、わたしの推理力は。

理科も算数も推理も苦手だけど、パンのことなら頭が働くわたしです(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

ということでリベンジ行ってみよう!

 

バゲット② 予熱なし350度設定でスタート20分後

 

と、いうことでですね。

20分くらいで釜入れしてみよう!! 

 

今度のレシピは、

キタノカオリ45、南部小麦45、ラトラディションフランセーズ10、加水80(レーズン酵母液種少し込み)です!

 

加水を増やして、低温で一晩。そのあと冷蔵庫。

 

焼き色を判断するために、発酵倍率は抑えめにして、過発酵を回避。

  

そして今回はこう!!

「予熱なし350度スタート」20分後に釜入れ→「ハイブリットモード」で10分、オーブンモードで10分いずれも最高温度の250度。

 

 

そして出来たのがこれ。

 

 

うーん、これも普通!!

 

普通に火力は出ていそうだけど、焼き色うすいですよね。

もっとクラストがバリっとしそうなものですが、そうでもない。

 

気泡が入らないのは、成形が下手だからだと思うので、東芝さんのせいではありませんが。

 

加水80でここまでクープが開いてくれたんだから見た目はまあまあ満足です。

 

そういえば、乾燥防止にホイロのときに濡れ布巾をかけるようにしたら、帯切れはしなくなったけど、

元気に伸びなくなっちゃったかもしれません。

  

多少は、表面を乾燥させたほうが良く伸びます。今度は布巾なしにしてみよう( ..)φ

 

 

このバゲットもなかなかおいしかったです。

キタノカオリはしっかり水を吸ってくれるので、加水80でも大丈夫でした。

 

甘みがあってもちもちになりすぎるので、南部小麦の香ばしさに期待をしましたが、

キタノカオリ優勢な味でした。

バゲットは、「甘くてもちもち」より、「香ばしくて歯切れ良い」ほうが好きなので、キタノカオリはもうやめようと思います。キタノカオリはチャバタにしよう!それが良い。

 

そんな、ややもちもちバゲットはお昼ご飯に。

 

 

ライ麦パン 温度計を使って検証

さて。

石窯3000から、上位機種の5000にパワーアップしたはずなのに、

パワーの強さを全く感じない… 

 

とうとう、オーブン温度計に手を出す時が来ました( •̀ ω •́ )✧

 

Amazonで探してみたのですが、よく見かけるタニタのものは300度までしか測れないらしく、

 

いろいろ探して、こちらを購入。

 

 

バーベキューとか、ピザ釜とかにも使える、430度まで測れるもの。

 

これを天板の中央において予熱開始

20分後…250度

27分後…295度

この間ずっとオーブンの前でスマホの懐中電灯でオーブンの中を照らして温度チェック。

暇なんですか、って言わないでください。 真剣ですから( •̀ ω •́ )y

 

 

そのあとはじわじわ温度が下がり始めた様子だったので、ここで釜入れ。

  

このライ麦パンは80分ほど焼くので、途中で温度調整などをしたので、焼き具合などの検証にはなりませんでしたが、ここまで分かればOK。

 

わかったこと
  • 最高温度に上がるまで27分かかる
  • 最高温度350度どころか、300度にも上がらない!!

 

 

「予熱なしスタート」ではなく、「予熱スタートで、予熱完了してから待つ」

のがいいかもしれません。

 

東芝にクレームを入れる前に、もっといろいろ試してみたいと思っています。

 

 

そんな今日のライ麦パン(途中で焼き芋をオーブンに投入)

 

加水100のライ麦パン。(本家レシピからは10%減らしています汗)

お気に入りのパン。これ、とってもおいしいです(❁´◡`❁)

 

オーブンがない間、このパンだけはトースターでも鍋でも焼けないので

焼けないとなると食べたくなる。

 

食べたくてたまらなかったパンが焼けて大満足なのでした。

 

焼き芋も大人気でした(。・∀・)b

 

オーブン検証は続きます。

  

▽使っているオーブンはこれです(^^♪

*
*

**読んでいただきありがとうございました(*^^*)/**

ネクストフーディスト4期生に選ばれました☆

ネクストフーディスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
パン パン・おかし作りの記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク

\\instagramでブログの更新をお知らせしています//

\\pinchanをフォローする//
管理人
pinchan

パンとお菓子を焼くのが好きなヨガインストラクターです。
毎日パンを焼きながら、ピンチャマユラーサナを練習しています。

\\pinchanをフォローする//
楽天ROOMにおすすめの商品を紹介しています
pinchanの楽天ルームです
楽天ROOMものぞいてみてくださいね
pinchanの楽天ルームです
まいにちパンときどきYOGA

コメント

タイトルとURLをコピーしました