【レシピ】折り込みシートでシナモンロールベーグル作り。スウェーデン風成形にチャレンジ

Cinnamon-roll-bagel パン・おかし作りの記録

おはようございます(ゝ∀・。)ノ゛♪

明日はクリスマスイヴですね~。

お子さんがいらっしゃるご家庭の皆様、サンタさんの準備は万全ですか?

サンタは「コロナの免疫をもっている」そうなので安心して世界を飛び回ってもらうことができそうです。

わたしにもサンタさん来てください。欲しいものはこれです!!

スンヌンタイ…セットで全部欲しい!カワ(・∀・)イイ!!

それにしても、23日が祝日じゃなくってから、ケーキや料理の下ごしらえなどが出来なくなって困りますよね~。

とりあえず、ちょっと時間のあるうちにバケットを焼いて冷凍しておきました(・ω・)ノ

そんなバケットの話はまたこんど、、今日は、ベーグル×シナモンロールの話です♪

ベーグル×シナモンロールの魔法

ベーグルって美味しいですよね。そして、シナモンロールも美味しいですよね。

すこし前のことですが、シナモンロールをベーグルにしたらとっても美味しかったんです!!

シナモンロールの独特の成形法によって表面積が増えるので、茹でることで表面のカリっとしたところが多くなります。

そして、そのカリっとした外側とふわっとした内側の生地の食感の違いや、あふれ出るシナモンシュガーの甘味とうまみのあるシンプルな生地の絶妙な組み合わせが楽しめる、とっても独特なパンが出来上がるんです。

それから頭の中はシナモンロールベーグルでいっぱい。冷凍庫もシナモンロールベーグルでいっぱい。

わたし
わたし

他の成形もやってみたい…!!

ストックがなくなった頃に、同じ生地とフィリングでスウェーデン風「毛糸玉成形」にチャレンジしてみました。

そのときの写真がこれ。

一見上手にできているように見えますが、、巻き込み用のシナモンシュガーのフィリングがグタグタだったんです…。くるくる巻くときにあふれ出て、ケトリングでほぼ流出…(・∀・;)

汚いので成形の写真は自粛です。。せっかく撮ったんだけど(>_<)

それでも!!

やっぱりこのベーグル美味しーーい(*>∇<)ノ♪

クリチのフロスティングは欠かせませんな!

こんなに美味しいベーグル、全世界に向けてレシピを発信してしまったからには、グダグダのフィリングじゃあいかん!ということで、それからずうーっと、考えていたんです。

どうにかして、シナモンロールを茹でてベーグルにする、というミッションを成功させなくては。

そんなある日のこと、おでんの大根の下茹でをしながら思いついたんです、、

そうだ、折り込みシートを作ろう!!

それから、むいた大根の皮はきんぴらにしよう!!と。

フィリングに火を通しちゃえばあふれ出ることもないでしょう。たぶん。

大根の皮のピクルスは人気がないから、長男の好きなきんぴらにしたら良いね。なんの話

とりあえず作ってみましょう。

シナモンロールベーグルの作り方

生地作り

まずは生地作り!

この生地のレシピは、胸をはって「美味しくて扱いやすい」という自信があります。(`・∀・´)エッヘン!!

レシピはココ➡シナモンロールべーグルの作り方

前回の記事に詳細がありますので参考にしてくださいね。このときは憧れのカメレオン成形にチャレンジしました。

折り込みシート作り

生地を発酵させている間に折り込みシートを作りましょう。一般的な折り込みシートより大きくしたいので、分量が多めになっています。

折り込みシートの材料
30×22cm1枚分
  • 強力粉 … 25g
  • 砂糖 … 50g
  • シナモンパウダー … 10g
  • 牛乳 … 180g
  • バター …15g

1.強力粉・砂糖・シナモンパウダーを混ぜて、牛乳を少しずつ加えながら混ぜ合わせます。

2。ラップをぜずにレンジで1~2分加熱➡取り出して混ぜる3セットくらい繰り返します。

3.カスタードクリームくらいのかたさになったら、バターを加えて混ぜ合わせます。

4.30cm×22cmを目標にラップに広げて包みます。(ラップを2枚重ね合わせて使っています)

5.このまま冷蔵庫で保管しておきましょう。

ちょっと大きめになりました

毛糸玉成形のしかた

1.一次発酵が完了した生地をベンチタイムをとらずに大きく広げて伸ばします。

30×45cmが目標です。

2.生地の長い方を縦にして上半分に折り込みシートをのぜます。

3.下から半分に折ります。

4.縦に8等分に切ります。

5.さらに端を残して切込みを入れます。(折り返してつながっている部分を残す)

6.1本の長い紐状にして、端から毛糸玉を作るようにくるくると巻いていきます。

ケトリング~焼成

さーて、大きな鍋を用意しましょう。

もし大根の下茹でなどに大きな鍋を使っていたら、その大根を別の鍋に移しましょう!!

空いた鍋にお湯を沸かしケトリング用の砂糖を入れて(大さじ2くらい)、30秒ほど茹でます。

前回のように急いで取り出さなくても、フィリングが溢れてこないので大丈夫ですが長く茹ですぎない方が良さそうです。

天板に乗せます。うん、流出してないネ!

ワッフルシュガーがあったので乗せてみました~

190度で16分焼きました。焼き時間と温度は調整してくださいね~

シナモンロールベーグル、できました~

フィリングをたっぷり抱えたベーグルたちが焼きあがりました~

適当にくるくる巻いたので、様々な表情です。

もうちょっと成形が上手になりたいものですが、今回はこれでヨシとします!!いつもこう言ってるような…

このままでもしっかり甘いので、フロスティングはなしでも良さそうです。

または、お砂糖を入れないクリームチーズをつけて食べるのがおすすめです!!

やっぱりシナモンロールベーグルは美味しいねー。

これを作ったあとに思ったんだけど、せっかく折り込みシートを作ったんだから、しっかり折り込んで成形しても楽しそう…

まあ、それは、折り込み成形が上手なひとにお任せしまーす。

わたしは折り込み、苦手なんです(;^_^A 

シナモンロールベーグルが出来上がったら

北欧風に、熱いコーヒーをたっぷり入れて、フィーカを楽しみましょう(*・v-)))♡

おでんも美味しくできました

さて、サンタさんが来なかったら、自分へのクリスマスプレゼントと称して欲しかった本を買おうかなあと、考えています……プロに近づきたい!(^^)!

誰も教えてくれなかったプロに近づくためのパンの教科書 レシピ作り編 [ 堀田 誠 ]

誰も教えてくれなかった プロに近づくためのパンの教科書 発酵編 [ 堀田 誠 ]

*
*

**読んでいただきありがとうございました(*^^*)/**

ネクストフーディスト4期生に選ばれました☆

ネクストフーディスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
パン・おかし作りの記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク

\\instagramでブログの更新をお知らせしています//

\\pinchanをフォローする//
管理人
pinchan

パンとお菓子を焼くのが好きなヨガインストラクターです。
毎日パンを焼きながら、ピンチャマユラーサナを練習しています。

\\pinchanをフォローする//
楽天ROOMにおすすめの商品を紹介しています
pinchanの楽天ルームです
楽天ROOMものぞいてみてくださいね
pinchanの楽天ルームです
まいにちパンときどきYOGA

コメント

タイトルとURLをコピーしました