オーブンなしでも大丈夫!トースターで焼くベーグル

パン

過ぎたことを嘆いてもしょうがないので、

気持ちを切り替えて新たな道を模索しています。

なんの話かと言うと、しつこく書いていますが、わたしの相棒であるオーブンが故障しています(;O;)(;O;)(;O;)

   

幸い、電子レンジモードは使えるので、不自由をすることなく過ごしていますが、オーブンがないと暇なんです。

パンが焼けないし、そろそろ冷凍ストックもなくなってきているし。やっぱり不自由しています。

 

ということで今回は、「トースター」を利用したパン作りにチャレンジ。

 

これがやってみると、なかなか良い!

庫内が狭いことで焼く数は限られしまい、たくさんのパン、大きなパンは焼くことができませんが、

狭いが故、熱の伝わりやすく、庫内温度がしっかり上がる。

直接熱があたる分、上が焦げやすいこと、スチームが入れられないという欠点はあるものの、

アルミホイルをかぶせること、スチーム代わりに水を入れた容器を入れること、などで対処可能。

 

パン作りにトースターの可能性を見出すことができました!これを怪我の功名といわずに何といおうか(๑•̀ㅂ•́)و✧

とりあえず肩慣らしに焼いたベーグルが良い出来だったので、レシピも記録をしておきましょう。

 

1度目は焦げてしまいましたが、2度目は挽回!

今回の生地の作り方のポイントは、一次発酵をとらずに、冷蔵庫で長時間二次発酵をとるということです。

早起きしなくても朝ごはんに焼き立てベーグルが食べられる神スケジュールです★

 

酵母と生地の配合について

①NYベーグルタイプの生地

②酒種を使ったベーグルの生地

2種類ご紹介します!

オーブントースターで作るベーグルの作り方

それでは、ひとつずつご紹介します(^^)/

NYベーグルのレシピ

まずはNYベーグルタイプの生地。

イーストはある程度入れますが、入れすぎてはいけない。ここがポイントかなあと思います。

加水50%・塩1.5%・砂糖5% わたしのNYベーグルの配合はコレです( •̀ ω •́ )✧

◇材料◇

配合3個分
  • 強力粉(春よ恋)…200g
  • きび砂糖…10g
  • 塩…3g
  • 水…100g
  • イースト…1g

 

NYタイプのベーグルを作るつもりが、具材を入れたくなってしまいあんこ&クリチをIN。

NYベーグルは具材を巻き込まない、大きく作ってサンドイッチにする!という暗黙の了解があることはもちろん承知しています(;・∀・)

…まあいいでしょう、どうせトースターを使った実験もかねていることですし。

 

この配合はプレーンがおすすめですので、NYベーグル好きな方は、ぜひ具材なしで作ってみてください♪

◇作り方◇

材料をホームベーカリーに入れ、5分捏ねて、即分割。

ベンチタイム20分。その後成形。

 

今回はここまで朝のうちに終わらせて、冷蔵庫に入れておきました。

夜捏ねて、朝まで冷蔵庫でも良いです!あなたのスケジュール次第ですd(^∀^●)

夕飯の前に冷蔵庫から取り出しておいて復温1時間ほど。

  

ここで膨らみすぎてはフカフカベーグルになってしまうけど

まったく緩まないくらいだと、火通りが悪く、もちみたいになってしまいます。

 

イースト1gほどの量がちょうどよさそうだと踏んでいます。

 

ほら、この通り(●ˇ∀ˇ●)b

お湯をわかしてケトリング用の砂糖を入れて、1分ほど茹でます。

 

この作業の間に、トースターを最高温度に設定して10分ほど予熱。

 

我が家のトースターは、2~3年前にふるさと納税で手に入れたアラジングラファイトトースター

わすが0.2秒で発熱する「遠赤グラファイト」搭載がウリ、ということもあり、庫内温度が上がるのが早い、とみています。

最高温度は280度。これは中クラスのオーブンレンジに匹敵しますよね!期待大です★

 

付属の天板の使用はせずに、オーブンシートをしいて釜入れ。この作業は慣れています( •̀ .̫ •́ )✧

シュートインをしたことがない方は、軍手を着用し、丁寧に入れてください。やけど注意!

(そんなことを言っておいて火傷したわたしです汗)

 

それから、上火が強すぎるので、上にもオーブンシートをかけたのですが、これがすぐに焦げてしまった!!

オーブンシートではなくて、アルミホイルをかけるべきでした。。

10分ほど焼いて、上のオーブンシートを外して5分。合計15分ほどで良い塩梅です。

焦げてるけど(>ლ)

このへんのクラストは、NYベーグルらしさが漂っていると思うのですが。

裏はこんなん!下火も強いとみた!

冷蔵発酵の梨肌も出てしまいましたが、これはまあ、いいでしょう。

ちょっと焦げてしまったところが残念ですが、とてもおいしく仕上がりました★

アルミホイルをしっかりかぶせたら良いですよ(;^ω^)

酒種で作るいちじく胡桃クリームチーズベーグルのレシピ

焦げてしまったのでリベンジ!

次は、酒種を使ったベーグルです。イーストよりは発酵力は劣りますが、自家製酵母の中では抜群に発酵力が強いと思います。

酒種は10%ほど入れて、その分加水を調整。

このタイプのベーグルは、お砂糖7%が好みです。お好みで調整してください♪

◇材料◇

今回は、生地に全粒粉を20%配合し、いちじく&胡桃を混ぜ込んでいます。成形のときにクリームチーズを巻き込みました★

クリチはお好みで。入れずに作って、あとで挟んでもおいしいですよね♪

配合3個分
  • 強力粉(春よ恋)…160g
  • 全粒粉…20g
  • きび砂糖…14g
  • 塩…3g
  • 水…83g
  • 酒種…20g
  • いちじく…35g
  • 胡桃…20g
  • 巻き込み用クリームチーズ

◇作り方◇

いちじくはカットしてお湯をかけて水けをきっておきます。胡桃はローストして冷ましておきます。

面倒ですが、このひと手間が大事です。

 

NYタイプのベーグルと同じように、材料をホームベーカリーに入れ、5分捏ねて、即分割。

ベンチタイム20分。その後成形。クリチを巻き込みました★

このあと、1~2時間ほど常温で発酵をとり、冷蔵庫に入れます。

発酵力が強いとはいえ、イーストに比べたら弱いので少し常温に置くとちょうど良いです。

 

翌朝起きたら、顏を洗うより先に冷蔵庫から取り出して復温させておきます。(1時間ほど)

ケトリング1分。

それから、トースターを最高温度に設定して10分ほど予熱。

予熱時間はトースターのパワー次第かと思います。うちのアラジンは5分くらいで大丈夫そうでした。

 

オーブンシートの上に置いて、上にはアルミホイルをかけます。

10分ほど焼いたらアルミホイルをとって、焦げないように様子を見ながら5分前後焼きます。

アルミホイル大正解!

 

ほら、焦げなかった!!

大成功!

庫内が狭く、ベーグル同士の距離が近いので、くっついている部分は若干火の通りが悪くなります。

後半は焼け具合を見て、場所を入れ替えたりするとうまく焼けそうです。

酒種だけでもしっかり発酵しましたね。常温で置く時間、復温の時間はとても重要です。

むぎゅむぎゅで、旨味のある、おいしい生地ができました(*^^)♡

もっとクリチ入れたはずなんだけどな~。

朝ごはんに焼き立てベーグル、大成功でした(@^0^@)♡

オーブンがなくてもなんとかなることに気づいたので、オーブンがなくても穏やかな日々を過ごすことができています。

だけど、食パンとか、ライ麦パンは難しそうだし、そろそろオーブン使いたいなあ…と物色中!

 

我が家の経理担当から、購入の承認が下りそうなので

修理ではなく購入の方向で検討中……

 

やっぱり石窯ドームが好きなので、最高温度350度の5000を狙っています。

 

▽楽天だとコレが最安。。もう一声(>ㅅ<)オネガイ

▽これ、うちのオーブントースター!発熱が早いところが最高です♪見た目もカワイイでしょ!

*
*

**読んでいただきありがとうございました(*^^*)/**

ネクストフーディスト4期生に選ばれました☆

ネクストフーディスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
パン パン・おかし作りの記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク

\\instagramでブログの更新をお知らせしています//

\\pinchanをフォローする//
管理人
pinchan

パンとお菓子を焼くのが好きなヨガインストラクターです。
毎日パンを焼きながら、ピンチャマユラーサナを練習しています。

\\pinchanをフォローする//
楽天ROOMにおすすめの商品を紹介しています
pinchanの楽天ルームです
楽天ROOMものぞいてみてくださいね
pinchanの楽天ルームです
まいにちパンときどきYOGA

コメント

タイトルとURLをコピーしました